【漫画】「異世界迷宮でハーレムを」4巻のネタバレ、感想【ロクサーヌとの楽しい生活と冒険は続く...】
この記事では「異世界迷宮でハーレムを」4巻のあらすじやネタバレ、感想を紹介します。

ロクサーヌと共に迷宮に潜ってスキルやジョブの実験を繰り返すミチオですが、奴隷商館になにやら暗雲が...

奴隷商館がなくなってしまうと、目的のハーレムが達成できませんからね♪ なんとしても守りたいところ。

さて、ミチオたちは奴隷商館を守れるのか? 迷宮の探索も慣れて、次の展開が待ち遠しい4巻です。

「異世界迷宮でハーレムを」をお得に読むなら、豊富なコミックス量を誇るebookjapanがオススメです。
=> ebookjapanの公式サイト

「異世界迷宮でハーレムを」4巻のあらすじ



町を歩いているときに奴隷商館を隠れて見張る盗賊を発見したミチオ。

奴隷商の主人にこの館が狙われていることを報告する。

ロクサーヌの頼みもあって商館に助太刀をすることになったミチオは、魔法スキルを得るために試したかった等価交換の魔法を盗賊相手にかけてみる。

スキルによって瀕死の状態にはなったが、実験のおかげで魔法スキルを使えるようになる。

そこで魔法の実験をするために、再度迷宮探索に精を出すことになるが...

「異世界迷宮でハーレムを」4巻のネタバレ


...続き

盗賊と戦って魔法スキルを得たミチオは、ロクサーヌと迷宮に潜って魔法スキルの実験をすることに。

得られた魔法使いのジョブで使えるようになったスキルは初級の火魔法、水魔法、風魔法、土魔法

さっそく魔物相手に魔法を使ってみると、1つの属性につき3つの魔法が使えることが判明する。

迷宮で魔法についての実験を行ったミチオだったが、今ひとつ魔法の威力が上がらなかった。

そこで、多くの魔法使いが装備するという杖を求めて常設の武器屋があるクーラタルに向かうことにする

クーラタルへは一度帝都を経由してから向かうようで、別のパーティに帝都まで運んでもらいクーラタルにたどり着く。

クーラタルは迷宮と探索者を中心とした都市。

ミチオは、ここを拠点として自分の家を持つことに

ミチオが気に入る家は見つかるのか? そしてクーラタルの迷宮で新たな冒険が始まる!

「異世界迷宮でハーレムを」4巻の感想


とっても残念ですが、この巻でも次の奴隷の情報は出ませんでした(´・ω・`)

ロクサーヌとのあれやこれや、迷宮の探索も面白いんですが設定の説明が多すぎぃぃ(笑

もっとサクサク進んでもいいんですよ~。うん、進んでください。

でも、次の奴隷がどんな感じかわからないとロクサーヌ一人で良かったということにもなりかねないし...悩みどころですね。

ちなみに、ロクサーヌ以外のハーレム要因は1巻の最初に画だけは出てきます。

ちょろっとだけなので、性格もスタイルなんかもわからないので5巻こそは少しでも登場してほしいですね!



「異世界迷宮でハーレムを」をお得に読むには

「異世界迷宮でハーレムを」をお得に読むなら、わたしが日ごろから愛用しているebookjapanがオススメです。

1.月の会員費用を取られない!
2.T-ポイントがためられる
3.スマホ、PCでも読める
4.Yahooプレミアムだと読み放題サービスが無料
5.本棚機能で購入した本が管理しやすい

⇒ ebookjapan(https://ebookjapan.yahoo.co.jp/

おすすめの記事